タグ:盲導犬 ( 2 ) タグの人気記事

d0323943_12251698.jpg


2016年10月23日に開催された「アイメイト・デー」は、アイメイト使用者とアイメイト協会スタッフ、支援者らが一堂に会する年1回のイベントです。節目の第40回となった今年は、東京・竹橋の会場に44組の使用者・アイメイトのペアを含む計約280名が集まりました。来賓の挨拶、使用者・支援者・協会スタッフのスピーチと、アトラクションなどがありました。(投稿・内村コースケ)

今年は、就任したばかりの小池百合子東京都知事も駆けつけました。小池知事は、先の盲導犬使用者の地下鉄駅ホーム転落死亡事故について触れ、都営地下鉄などでホームドアの設置を進めていくと力強く宣言していました。同時に、問題はそれだけでは解決しないという認識を示していました。

これまでに重大事故を起こしていないアイメイト協会では、一部の盲導犬育成団体で間違った訓練(ハーネスをケース・バイ・ケースで左右持ち替えること。アイメイト協会では左手のみで持つように教えている)が行われており、それが事故の主要因となった可能性を指摘し、その問題から目を逸らしてはならないと問題提起しています。この件については、都議会で質問に上がっています。小池知事の後に登壇した塩村あやか都議会議員は、あいさつの中で、この件についても触れていました。

ホーム転落事故の事故原因に関するアイメイト協会・塩屋隆男代表理事の見解については、下のリンクの記事で詳しく書いていますので、拙文ですが、人の命と自由という人権の根幹に関わる問題ですので、是非、ご一読いただければと思います。


d0323943_12480302.jpg


d0323943_13071496.jpg


開会前には、アイメイト後援会員も会場前で来場者のご案内や受付などをさせていただきました。正しいアイメイト歩行は、視覚に障害を持つ方に歩行の自由と安全を保証するものです。後援会員はそのことをよく分かっていますので、会場案内係も、手取り足取り駅から会場まで「誘導」するわけではありません。基本的には晴眼者に対する案内と同様に、会場の入り口はどこにあるのか、建物内のどこの階段を使うのか、といった現地に来てみなければ分からないような細かな道順をご案内します。

d0323943_12564667.jpg


「アイメイト・デー」の会場になったのは、一般的な民間のホールです。身体障害者補助犬法により、アイメイトをはじめとする補助犬は、ホールなどの公共施設に入場する権利があります。アイメイトは使用者の目となる「体の一部」であり、アイメイトの入場を拒否することは、使用者自身の入場を拒否するのと同じだという見解のもと、同法は定められています。もちろん、使用者とアイメイトの方も、一定のマナーを守るのは当然です。たとえば、アイメイトは、使用者の指示がない限り勝手に排泄しないように訓練されていますが、「アイメイト・デー」では毎回、指定の場所で「ワン・ツー」(排泄)を済ませてから入場します。もちろん、使用後は、協会スタッフらがきれいにワン・ツー場所を掃除します。

d0323943_13132905.jpg


d0323943_13195067.jpg


会の冒頭で登壇した小池知事には、訓練中のアイメイトと共に入場してもらいました。一挙手一投足が注目される話題の新知事なだけに、テレビ局などマスメディアの取材も多く入りました。祝辞の中で語られた2020年はパラリンピックを重視する、東京から電柱を一掃するといった発言がピックアップされて報じられました。当日は衆議院の補欠選挙の投開票日でしたが、スケジュールの合間を縫って、知事自らの強い希望で「アイメイト・デー」に出席したとのことです。

d0323943_13212312.jpg


d0323943_13224342.jpg


d0323943_13231389.jpg


d0323943_13271184.jpg


d0323943_13290967.jpg


小池知事に続いて、来賓の都議会議員、国会議員の方々の挨拶がありました。60年に及ぶアイメイトの歴史の中では、多くの議員の皆様に「視覚障害者の自立をお手伝いする」というアイメイト事業の本分をご理解いただき、法整備等に尽力いただいています。

アイメイトはこうした席では、使用者の足元に伏せ、寝たりうとうとしたりと、静かにしています。

d0323943_13340927.jpg


d0323943_13350462.jpg


d0323943_13361161.jpg


d0323943_13382337.jpg


d0323943_13393724.jpg


d0323943_13403606.jpg


d0323943_13415220.jpg


d0323943_13430907.jpg


d0323943_13445660.jpg


d0323943_13480379.jpg


続いてアイメイト協会・塩屋隆男代表理事が挨拶し、協会スタッフの紹介がありました。アイメイト協会の歴史は、前理事長の塩屋賢一が、国産盲導犬第1号の「チャンピイ」と盲学校教師の河相洌(かわい・きよし)さんのペアを送り出した1957年に遡ります。その後、盲導犬育成のパイオニアとして次々とペアを育て、1967年には「日本盲導犬協会」を設立しました。この団体は現在も存続していますが、塩屋賢一は、「視覚障害者の自立をお手伝いをする」という本分を貫くため、過分な利益を得ることばかりに注力する当時の理事らと袂を分かち、自ら設立した日本盲導犬協会とは1970年に訣別しています。そして、翌1971年に新たに「東京盲導犬協会」を設立しました。「盲人を導く犬」という誤った認識を与える「盲導犬」に代わる「アイメイト」の呼称は、この頃から使っています。第1回「アイメイト・デー」が開催されたのも、1972年のことです。1989年に現在の「アイメイト協会」に名称変更し、現在に至ります。

d0323943_14072210.jpg


来年2017年は、河相さんとチャンピイが羽ばたいた1957年から数えて、アイメイト60周年に当たります。アイメイト協会では、さまざまな60周年記念事業を計画していますが、この日は、『アイメイト60周年スペシャルサイト』の開設が案内されました。アイメイト60年の歴史や、塩屋賢一の歩み、使用者のインタビューといったコンテンツが順次展開されます。



d0323943_14082859.jpg


会場では、その後、出席した使用者の自己紹介やアイメイト後援会のチャリティ・グッズの販売等が行われました。

そして、休憩を挟んで現役使用者、繁殖奉仕者、飼育奉仕者、リタイア犬奉仕者、アイメイト後援会員、歩行指導員のスピーチがありました。アイメイトに対する強い愛情が、それぞれの立場からユーモアを交えて語られました。繁殖奉仕とは、繁殖犬(母犬または父犬)を預かり、出産や育児を手伝うボランティアです。子犬たちは生後2ヶ月を過ぎるとそれぞれ飼育奉仕者に引き渡され、1年間を過ごした後、協会に戻って歩行指導員の訓練を受けます。ちなみに、アイメイト協会で犬の訓練を行うのは、「訓練士」ではなく、「歩行指導員」です。アイメイト歩行は人と犬との共同作業であり、犬の訓練のみでは完結しません。指導員の業務は多岐に渡りますが、最も重要なのは、人と犬のペアに対する「歩行指導」です。塩屋賢一は常々、「人が主役、犬は名脇役」と語っていました。

d0323943_14343028.jpg


d0323943_14260202.jpg


d0323943_14270439.jpg


d0323943_14283474.jpg


d0323943_14300133.jpg


d0323943_14314194.jpg


d0323943_14323448.jpg


アトラクションは、芸人の立川真司さんによる鉄道のモノマネ。アイメイト使用者は鉄道をよく利用される方が多く、ホームの放送など鉄道関連の「音」を再現する立川さんの芸は特にウケたようです。最後に後援会によるスピードくじの抽選会があり、「アイメイト・デー」はにぎやかなうちに幕を閉じました。来年の「アイメイト・デー」は、アイメイト60周年記念大会となります。

d0323943_14415219.jpg


d0323943_14464173.jpg


d0323943_14470751.jpg


d0323943_14473214.jpg


d0323943_14475464.jpg


d0323943_14481757.jpg


d0323943_14483975.jpg


d0323943_14490037.jpg


[PR]
by eymategoods | 2016-10-25 17:30 | イベント
2017年版の「アイメイト・サポートカレンダー」が、10月1日からアイメイトサポートグッズ・オンラインショップで販売中です。当ブログでは、全ページの内容に加えて、未使用カット、撮影秘話も余すところなく紹介致します。(撮影担当・内村コースケ)

2017 アイメイトサポートカレンダー
d0323943_20402464.jpg


2017年版には、例年と違うスペシャルな所が一つあります。上の表紙の画像の右下に注目してください。「60」をかたどった「EYEMATE 60YERS Since1957」のロゴマークがありますね。来年2017年は、国産盲導犬第1号「チャンピイ」と使用者の河相 洌(きよし)さんが卒業した1957年から数えて60周年にあたります。アイメイト協会は、チャンピイを育てた塩屋賢一直系の唯一無二の育成団体です。日本の盲導犬の歴史はチャンピイと共に1957年に始まりましたが、ここから一本の道で現在までつながっていて、2017年に60周年を祝えるのはアイメイト協会だけです。来年は、このロゴマークがあちこちで見られると思いますが、『2017 アイメイト・サポートカレンダー』が、いち早く最初に使用しました。

アイメイト・サポートカレンダーの目的は、売上の寄付とともに、アイメイトを正しく理解してもらうための啓発にあります。そのため、表紙や毎月の写真に加えて、巻末に見開きの特集ページを設けて、毎年違ったテーマでアイメイトやアイメイトにまつわることを解説しています。今回は、【アイメイト60周年 『チャンピイ』から「アイメイト」へ】と題して、ズバリ1957年の河相さんとチャンピイの歩行指導のお話や、現在までのアイメイトの歩みについて書いています。

d0323943_21081886.jpg


さて、表紙は例年アイメイト候補の子犬の写真を採用していますが、今年は同じ繁殖犬から生まれた兄弟姉妹の集合写真です。これは私のこだわりなのですが、子犬を並べて撮る場合でも、学校の集合写真のように全員が正面を向いて行儀よく座っているのではなく、1頭1頭の個性が伺えるような、少し崩れた瞬間を狙っています。他に以下のような候補も検討しました。

d0323943_21143561.jpg


d0323943_21153605.jpg


カレンダーの写真ですから、季節感も大切です。年間を通じて行われる撮影は毎年秋の紅葉シーズンに始まります。2017年版の場合は、2015年の秋の紅葉ということになります。この年の紅葉は遅く、東京では師走の足音が聞こえてきてもなかなか色づきませんでした。このイチョウ並木での飼育奉仕の写真は11月22日の撮影ですが、当初予定していた都心近くの公園のイチョウやモミジはまだ青々としていたため、急遽郊外の公園にロケ地を変更して撮影したものです。

d0323943_21275374.jpg


未使用候補写真

d0323943_21311228.jpg


この時の写真では、カレンダーと同じ「アイメイト・サポートグッズ」のクリアファイルとミニレターも作りました。

d0323943_21390086.jpg


d0323943_21411708.jpg


母犬を預かり、出産と生後2ヶ月までの子育てを手伝う繁殖奉仕。子犬たちのかわいさについ目を奪われがちですが、母犬と奉仕家庭の皆さんの寝る間を惜しんでの献身を忘れてはなりません。

d0323943_23562951.jpg


d0323943_23581544.jpg


d0323943_23593160.jpg


d0323943_00003016.jpg


12月は年の瀬の繁華街を歩く現役使用者と奥様です。

d0323943_21500383.jpg


d0323943_21523584.jpg


d0323943_21543004.jpg


他の盲導犬育成団体と違い、アイメイト協会では安全なアイメイト歩行に対する責任から、全盲の方のみを歩行指導に受け入れています。視覚障害といっても、一切の光を感じない方から、視野の中心のみ見える方、逆に中心がぼやけてしまうケースまで、障害の形態・度合いはさまざまです。アイメイト協会では、若干の視力に頼りがちになってしまうとかえって危険だという考え方から、残存視力の度合いによっては歩行指導をお断りする場合があります。この方針が安全につながっていることは、これまでにアイメイトの重大事故は一例もないことが証明しています。今回ご登場いただいたご夫婦だけでなく、5年前の『アイメイト 55周年記念誌』の現役使用者インタビューに応えていただいた下の写真のご夫婦もそうですが、アイメイト使用者のご主人に弱視や白杖使用の奥様が従って歩く姿は、アイメイト歩行の安全性・確実性・自由度を知っていれば決して驚くようなことではありません。つまり、その人がどれだけ「見えているか」は、視力だけでは量れないということです。

d0323943_22101631.jpg


雪の撮影も今回は苦労しました。前年の記録的な大雪と打って変わって、2016年の年明けはどこも雪不足。1月の採用作は、標高2000mまで上がってようやく見つけたまとまった雪のある山中の雪原です。未使用カットのスキー場での様子は、かろうじて人工雪があるという状況でした。

d0323943_22165206.jpg


d0323943_22192993.jpg


d0323943_22211229.jpg


2月になるとまとまった雪が降った地方もあり、雪景色の撮影も無理なくできるようになりました。真冬や逆に暑い季節の子犬の野外での撮影は、体調を考慮してなるべく手早く、繁殖奉仕家庭の敷地内で行う必要があります。四季折々の表情豊かな自然の中にあるこちらのお宅には毎年お世話になっていますが、その理由の一つは、安全な環境下で撮影できるという点です。

d0323943_22283276.jpg


d0323943_22294692.jpg


梅園での撮影は今回が初めてです。16歳のご長寿の不適格犬です。アイメイトは総じて、平均的なラブラドール・レトリーバーに比べて長生きする傾向にあります。アイメイトには向かないと判断され、通常1〜2歳で家庭犬として奉仕家庭に引き取られる不適格犬も、同じ血筋を引き、アイメイトと同じように大事にされますので、やはり長寿犬が多いようです。

d0323943_22365493.jpg


d0323943_22391293.jpg


d0323943_22405144.jpg


恒例の4月の桜は、今年は色の濃い寒桜を採用しました。子供とペットは、写真を撮る側としては“二大難しい被写体”なのですが、アイメイト(この犬の場合は不適格犬)は例外です。仲良く一緒に写ってくれた奉仕家庭のお孫さんも、とても上手にモデルをしてくれました。もちろん家庭犬でも当てはまることですが、小さいうちから動物と一緒に暮らしたり日常的に触れ合うことは、お子さんの成長のプラスになることでしょう。

d0323943_22474996.jpg


d0323943_22491230.jpg


d0323943_22504009.jpg


d0323943_22515641.jpg


昨年から今年にかけては、アイメイトのリタイアについても色々と考えさせられることがありました。アイメイトの奉仕者の場合、リタイア犬=老犬が初めて一緒に暮らす犬だという人も少なくありません。命には限りがあるという現実と必ず向き合うことになるこの奉仕活動を進んで引き受けている人が少なからずいるということを、私たちはきちっと認識するべきだし、前向きに受け止めなければいけないと思います。そして、どうしてもまだカレンダーの写真として採用するには“時期尚早”と、候補に挙げて見送った写真もあります。写真は一目瞭然ですべてを伝えることができる素晴らしいメディアである反面、情緒的な誤った反応も引き起こしがちです。リタイアに対する認識に関しては、もっともっと社会全体の成長を期待したところです。

d0323943_22563705.jpg


d0323943_23074736.jpg


d0323943_23091503.jpg


雨の日に外を歩かせてかわいそうだと、街でアイメイトの訓練・歩行指導を見て言ってくる人がいまだにいるといいます。あなたの職場は、雨が降ったら休めるでしょうか?外出先で雨に遭ったら、移動をあきらめますか?アイメイトは「歩行の自由」を実現してくれる大切なパートナーです。「いつでも、でこへでも、好きな時に」出かけられるよう、60年の実績を受け継ぐプロの歩行指導員が、適切に、犬に最大限の敬意を払いながら、気候の変化にも柔軟に対応できるアイメイトへと育てているのです。当然、使用者の皆さんもそれを十分に理解して、日々パートナーと共に歩んでいるのです。

d0323943_23183016.jpg


d0323943_23203160.jpg


アイメイトになるのは、ラブラドール・レトリーバーです(チャンピイの時代はジャーマン・シェパードでした)。もともと、ハンターが撃ち落とした水鳥などを水面からレトリーブ(回収)する仕事をしていた犬種ですから、元来は水遊びや泳ぐのが大好きです。でも、数多くのアイメイト、候補犬、不適格犬を見たりお話を聞いていると、中には「絶対に泳がない」とか「水に足を踏み入れたがらない」という犬もいます(先の雨の中を歩く歩かないの話とはまた別です。お仕事中とそうでない時のオン・オフの切り替えができるのがアイメイトです)。考えてみれば、陰気なイタリア人もいれば、私のようにぐうたらな日本人もたくさんいます。犬の場合も、犬種の特徴を超えた個性があるのが当たり前ですね。

d0323943_23230015.jpg


d0323943_23312127.jpg


アイメイトの訓練は夏場も行われていますが、さすがに猛暑日が続く夏場は特に、時間帯や場所に十分に配慮しています。屋外に出るのは早朝や夕方にとどめたり、ふだんの市街地を避けて緑の多い大きな公園に出かけたりします。人間の場合も、最近は真夏の炎天下で常軌を逸したような運動をさせて水も飲むなというような根性主義は減ってきましたね。当然のことですが、アイメイトの訓練は昔から、十分に犬たちの体調に注意しながら行われています。

d0323943_23401135.jpg


d0323943_23414838.jpg


d0323943_23424568.jpg


人が犬や猫、動物に癒やされるのは、その純真さゆえでしょう。動物の純粋無垢な目は、人の純心を引き出します。動物の純真さ、人の純心が弄ばれることのない世の中になってほしいものです。

d0323943_23475917.jpg


d0323943_23490797.jpg



2017 アイメイトサポートカレンダー 『アイメイトサポートグッズ・オンラインショップにて販売中(1,000円)
d0323943_20402464.jpg


[PR]