カテゴリ:Goods カレンダー( 6 )

2017年版の「アイメイト・サポートカレンダー」が、10月1日からアイメイトサポートグッズ・オンラインショップで販売中です。当ブログでは、全ページの内容に加えて、未使用カット、撮影秘話も余すところなく紹介致します。(撮影担当・内村コースケ)

2017 アイメイトサポートカレンダー
d0323943_20402464.jpg


2017年版には、例年と違うスペシャルな所が一つあります。上の表紙の画像の右下に注目してください。「60」をかたどった「EYEMATE 60YERS Since1957」のロゴマークがありますね。来年2017年は、国産盲導犬第1号「チャンピイ」と使用者の河相 洌(きよし)さんが卒業した1957年から数えて60周年にあたります。アイメイト協会は、チャンピイを育てた塩屋賢一直系の唯一無二の育成団体です。日本の盲導犬の歴史はチャンピイと共に1957年に始まりましたが、ここから一本の道で現在までつながっていて、2017年に60周年を祝えるのはアイメイト協会だけです。来年は、このロゴマークがあちこちで見られると思いますが、『2017 アイメイト・サポートカレンダー』が、いち早く最初に使用しました。

アイメイト・サポートカレンダーの目的は、売上の寄付とともに、アイメイトを正しく理解してもらうための啓発にあります。そのため、表紙や毎月の写真に加えて、巻末に見開きの特集ページを設けて、毎年違ったテーマでアイメイトやアイメイトにまつわることを解説しています。今回は、【アイメイト60周年 『チャンピイ』から「アイメイト」へ】と題して、ズバリ1957年の河相さんとチャンピイの歩行指導のお話や、現在までのアイメイトの歩みについて書いています。

d0323943_21081886.jpg


さて、表紙は例年アイメイト候補の子犬の写真を採用していますが、今年は同じ繁殖犬から生まれた兄弟姉妹の集合写真です。これは私のこだわりなのですが、子犬を並べて撮る場合でも、学校の集合写真のように全員が正面を向いて行儀よく座っているのではなく、1頭1頭の個性が伺えるような、少し崩れた瞬間を狙っています。他に以下のような候補も検討しました。

d0323943_21143561.jpg


d0323943_21153605.jpg


カレンダーの写真ですから、季節感も大切です。年間を通じて行われる撮影は毎年秋の紅葉シーズンに始まります。2017年版の場合は、2015年の秋の紅葉ということになります。この年の紅葉は遅く、東京では師走の足音が聞こえてきてもなかなか色づきませんでした。このイチョウ並木での飼育奉仕の写真は11月22日の撮影ですが、当初予定していた都心近くの公園のイチョウやモミジはまだ青々としていたため、急遽郊外の公園にロケ地を変更して撮影したものです。

d0323943_21275374.jpg


未使用候補写真

d0323943_21311228.jpg


この時の写真では、カレンダーと同じ「アイメイト・サポートグッズ」のクリアファイルとミニレターも作りました。

d0323943_21390086.jpg


d0323943_21411708.jpg


母犬を預かり、出産と生後2ヶ月までの子育てを手伝う繁殖奉仕。子犬たちのかわいさについ目を奪われがちですが、母犬と奉仕家庭の皆さんの寝る間を惜しんでの献身を忘れてはなりません。

d0323943_23562951.jpg


d0323943_23581544.jpg


d0323943_23593160.jpg


d0323943_00003016.jpg


12月は年の瀬の繁華街を歩く現役使用者と奥様です。

d0323943_21500383.jpg


d0323943_21523584.jpg


d0323943_21543004.jpg


他の盲導犬育成団体と違い、アイメイト協会では安全なアイメイト歩行に対する責任から、全盲の方のみを歩行指導に受け入れています。視覚障害といっても、一切の光を感じない方から、視野の中心のみ見える方、逆に中心がぼやけてしまうケースまで、障害の形態・度合いはさまざまです。アイメイト協会では、若干の視力に頼りがちになってしまうとかえって危険だという考え方から、残存視力の度合いによっては歩行指導をお断りする場合があります。この方針が安全につながっていることは、これまでにアイメイトの重大事故は一例もないことが証明しています。今回ご登場いただいたご夫婦だけでなく、5年前の『アイメイト 55周年記念誌』の現役使用者インタビューに応えていただいた下の写真のご夫婦もそうですが、アイメイト使用者のご主人に弱視や白杖使用の奥様が従って歩く姿は、アイメイト歩行の安全性・確実性・自由度を知っていれば決して驚くようなことではありません。つまり、その人がどれだけ「見えているか」は、視力だけでは量れないということです。

d0323943_22101631.jpg


雪の撮影も今回は苦労しました。前年の記録的な大雪と打って変わって、2016年の年明けはどこも雪不足。1月の採用作は、標高2000mまで上がってようやく見つけたまとまった雪のある山中の雪原です。未使用カットのスキー場での様子は、かろうじて人工雪があるという状況でした。

d0323943_22165206.jpg


d0323943_22192993.jpg


d0323943_22211229.jpg


2月になるとまとまった雪が降った地方もあり、雪景色の撮影も無理なくできるようになりました。真冬や逆に暑い季節の子犬の野外での撮影は、体調を考慮してなるべく手早く、繁殖奉仕家庭の敷地内で行う必要があります。四季折々の表情豊かな自然の中にあるこちらのお宅には毎年お世話になっていますが、その理由の一つは、安全な環境下で撮影できるという点です。

d0323943_22283276.jpg


d0323943_22294692.jpg


梅園での撮影は今回が初めてです。16歳のご長寿の不適格犬です。アイメイトは総じて、平均的なラブラドール・レトリーバーに比べて長生きする傾向にあります。アイメイトには向かないと判断され、通常1〜2歳で家庭犬として奉仕家庭に引き取られる不適格犬も、同じ血筋を引き、アイメイトと同じように大事にされますので、やはり長寿犬が多いようです。

d0323943_22365493.jpg


d0323943_22391293.jpg


d0323943_22405144.jpg


恒例の4月の桜は、今年は色の濃い寒桜を採用しました。子供とペットは、写真を撮る側としては“二大難しい被写体”なのですが、アイメイト(この犬の場合は不適格犬)は例外です。仲良く一緒に写ってくれた奉仕家庭のお孫さんも、とても上手にモデルをしてくれました。もちろん家庭犬でも当てはまることですが、小さいうちから動物と一緒に暮らしたり日常的に触れ合うことは、お子さんの成長のプラスになることでしょう。

d0323943_22474996.jpg


d0323943_22491230.jpg


d0323943_22504009.jpg


d0323943_22515641.jpg


昨年から今年にかけては、アイメイトのリタイアについても色々と考えさせられることがありました。アイメイトの奉仕者の場合、リタイア犬=老犬が初めて一緒に暮らす犬だという人も少なくありません。命には限りがあるという現実と必ず向き合うことになるこの奉仕活動を進んで引き受けている人が少なからずいるということを、私たちはきちっと認識するべきだし、前向きに受け止めなければいけないと思います。そして、どうしてもまだカレンダーの写真として採用するには“時期尚早”と、候補に挙げて見送った写真もあります。写真は一目瞭然ですべてを伝えることができる素晴らしいメディアである反面、情緒的な誤った反応も引き起こしがちです。リタイアに対する認識に関しては、もっともっと社会全体の成長を期待したところです。

d0323943_22563705.jpg


d0323943_23074736.jpg


d0323943_23091503.jpg


雨の日に外を歩かせてかわいそうだと、街でアイメイトの訓練・歩行指導を見て言ってくる人がいまだにいるといいます。あなたの職場は、雨が降ったら休めるでしょうか?外出先で雨に遭ったら、移動をあきらめますか?アイメイトは「歩行の自由」を実現してくれる大切なパートナーです。「いつでも、でこへでも、好きな時に」出かけられるよう、60年の実績を受け継ぐプロの歩行指導員が、適切に、犬に最大限の敬意を払いながら、気候の変化にも柔軟に対応できるアイメイトへと育てているのです。当然、使用者の皆さんもそれを十分に理解して、日々パートナーと共に歩んでいるのです。

d0323943_23183016.jpg


d0323943_23203160.jpg


アイメイトになるのは、ラブラドール・レトリーバーです(チャンピイの時代はジャーマン・シェパードでした)。もともと、ハンターが撃ち落とした水鳥などを水面からレトリーブ(回収)する仕事をしていた犬種ですから、元来は水遊びや泳ぐのが大好きです。でも、数多くのアイメイト、候補犬、不適格犬を見たりお話を聞いていると、中には「絶対に泳がない」とか「水に足を踏み入れたがらない」という犬もいます(先の雨の中を歩く歩かないの話とはまた別です。お仕事中とそうでない時のオン・オフの切り替えができるのがアイメイトです)。考えてみれば、陰気なイタリア人もいれば、私のようにぐうたらな日本人もたくさんいます。犬の場合も、犬種の特徴を超えた個性があるのが当たり前ですね。

d0323943_23230015.jpg


d0323943_23312127.jpg


アイメイトの訓練は夏場も行われていますが、さすがに猛暑日が続く夏場は特に、時間帯や場所に十分に配慮しています。屋外に出るのは早朝や夕方にとどめたり、ふだんの市街地を避けて緑の多い大きな公園に出かけたりします。人間の場合も、最近は真夏の炎天下で常軌を逸したような運動をさせて水も飲むなというような根性主義は減ってきましたね。当然のことですが、アイメイトの訓練は昔から、十分に犬たちの体調に注意しながら行われています。

d0323943_23401135.jpg


d0323943_23414838.jpg


d0323943_23424568.jpg


人が犬や猫、動物に癒やされるのは、その純真さゆえでしょう。動物の純粋無垢な目は、人の純心を引き出します。動物の純真さ、人の純心が弄ばれることのない世の中になってほしいものです。

d0323943_23475917.jpg


d0323943_23490797.jpg



2017 アイメイトサポートカレンダー 『アイメイトサポートグッズ・オンラインショップにて販売中(1,000円)
d0323943_20402464.jpg


[PR]
d0323943_18144744.jpg


2010年版から毎年制作している『アイメイト・サポートカレンダー』の2016年版が完成しました!10/1より、アイメイトサポートグッズ・オンラインショップで販売中です。こちらでは、特別に未使用カットとともに、中身を全てお見せします。(カレンダー撮影担当:内村コースケ

 今年の表紙は、昨年に続き雪景色がバックですが、今年は、例年の生まれたばかりの子犬たちではなく、「飼育奉仕」の時期の少し成長した一頭の幼犬がモデルです。

この写真は、1月の別カットです。実は、撮影したのは東京あたりではもう桜の開花の声も聞こえ始めた3月のこと。でも、ロケ地の長野県・蓼科は全国でも最も寒い地域の一つで、記録的な大雪となった今年はまだまだ真冬並みの雪景色が見られました。今年も例年同様、都内の積雪の機会を待っていたのですが、タイミングが合わず、僕が生活の拠点を置いている蓼科の山荘の近くまで飼育奉仕家庭の皆さんに来ていただき、「シーズン最後の雪景色」をバックに撮影しました。

d0323943_18273068.jpg


この時には、下の2枚のようなシーンも撮りました。カレンダーの撮影では、大抵はこのように3、4シーンほど撮って、制作スタッフと相談しながら使用カットを選びます。

d0323943_18415470.jpg


d0323943_18432694.jpg


表紙の候補には、下の写真もありました。これは、お願いして撮影したのではなく、まったくの偶然の産物です。僕が自分の犬を連れて行った動物病院に、たまたま以前に何度も撮影をお願いしていた飼育奉仕の方が、巣立つ前の子犬たちのワクチン接種に来ていたのです。車の中で待機させながら一頭ずつせっせと接種しては戻す、という合間に撮らせてもらいました。

d0323943_18484385.jpg


最終的に飼育犬の写真を採用した決め手は、背景の山のさわやかさと、風でなびいた「耳」でしょうか?時にはパターンを少しだけ破りたくなるものです。

そして、動物病院で偶然会った子犬たちは、その後ご自宅にお邪魔して、庭で遊ぶ様子を5月と9月に採用させてもらいました。

d0323943_18563887.jpg


d0323943_185723.jpg


2月の「水仙」は、東京都内の公園で撮影しました。モデルの女の子も犬も、元気いっぱいですね。「若さ」や「さわやかさ」がうまく写真に収まったでしょうか?

d0323943_192769.jpg


d0323943_198423.jpg


3月は、今回初めて伺った繁殖奉仕家庭で生まれた子犬たちです。ブラックとイエローの犬を同時に撮るのは技術的に難しいのですが、色違いの兄弟姉妹が一緒にいる姿を見るのはやはり楽しいですね。母犬と一緒のカットも撮りました。

d0323943_19181394.jpg


d0323943_19202429.jpg


d0323943_19205346.jpg


桜の風景は毎年撮るのですが、今年は好天に恵まれました。ロケ地は東京・谷中。以前住んでいた大好きな町なので、撮影も楽しかったです。早めに現地入りし、桜の咲き具合などを見ながらロケハンしました。リタイア犬と桜はベストマッチングですね。

d0323943_19244722.jpg


d0323943_19284884.jpg


d0323943_19264167.jpg


6月は歩行指導員による訓練風景です。アイメイトの訓練は犬の安全と健康に十分に気をつけながら、雨の日にも行います。現役のアイメイトは、悪天候でも外出しなければならない時もあるからです。そういった事実を踏まえて、数年前から「雨の日の訓練風景」を撮りたいと思っていました。しかし、天気は直前にならないと分からないもので、今年も雨の日にたまたま訓練場所の近くにいて駆けつけたものの、着いた時には止んでいました。でも、あきらめて帰ろうとした時、ポツポツと「恵みの雨」が!そのワンチャンスにかけて撮ったのがこの写真です。

d0323943_19372461.jpg


夏のシーン撮影で、今年は一路熱海へ!今までも海辺での撮影はありましたが、いずれも都内。「きれいな海」は今回が初めてです。使用者ご夫妻の「温泉付きリゾートマンション」にもお招きいただき、湯船に浸かりながら熱海の夜景を楽しませていただきました。さらに地元の人しか知らない海鮮・・・この先はヒミツです。

d0323943_19421572.jpg


d0323943_19435783.jpg


8月は都内某所のヒマワリ畑で、オスの繁殖犬と不適格犬のペアを撮影しました。奉仕家庭の方との触れ合いの様子と迷ったのですが、全体のバランスも考えて犬の表情をメインにとらえたこの写真が選ばれました。

d0323943_19505935.jpg


d0323943_19575875.jpg


d0323943_19591396.jpg


11月には、大雨にもかかわらず、七五三を迎えたリタイア犬奉仕家族の子どもたちが撮影に協力してくれました。

d0323943_22312497.jpg


『アイメイト・サポートカレンダー』の売上は、アイメイト協会に寄付され、アイメイトの育成に役立てられます。また、写真などを通じて視覚障害者やアイメイトへの理解を深めていただくことも、大きな目的です。その一助として、毎年巻末にアイメイトに関する話題を扱った特集記事を掲載しています。今年は、初の国産盲導犬使用者、河相洌(きよし)さんのインタビューを掲載しました。87歳の今もお元気な河相さんご自身による、共に歩んだ4頭のアイメイトのお話です。

d0323943_2244436.jpg


『2016 アイメイト・サポートカレンダー』(価格1000円) 購入はこちら
[PR]
d0323943_1292438.jpg


2015年の春は全国的に少し遅いようで、東京では31日、まさにギリギリセーフで3月中に桜が満開になりました。

その日は、下町風情と寺町の情緒たっぷりの谷中を散歩。

ある撮影のロケハンなのですが・・・

d0323943_1361632.jpg


d0323943_1374022.jpg


d0323943_1404250.jpg


いい桜の撮影スポットを探していても、やはり犬ばかり撮ってしまうわけで・・・

それでも、こういうところや

d0323943_1434949.jpg


こういう所を見つけました。

d0323943_1451790.jpg


僕は以前、こんな感じの谷中の路地裏に潜んで暗室作業の日々を送っていたことがあります。桜の香りとともに、とても懐かしい町の匂いを感じました。

d0323943_1485840.jpg


d0323943_150011.jpg


そして、本番で撮ったのが、こんなカットです。

d0323943_1514967.jpg


d0323943_1533459.jpg


d0323943_1544184.jpg


アイメイト・サポートカレンダー2016は、10月発売予定です。

2015年版はまだ少し在庫があります。

d0323943_22636.jpg


(内村コースケ/アイメイトサポートカレンダー・撮影担当)
[PR]
『アイメイト・サポートカレンダー』の撮影は、秋の販売開始に向けて撮影も佳境を迎えてきました。撮影の順番は、背景の季節感でいうと【紅葉】→【雪】→【桜】→【夏の海など】となります。この間に、子犬など特に季節感にこだわらない撮影が挟まります。今回は、『アイメイト・サポートカレンダー』の「桜の風景」のお話です。(内村コースケ/アイメイト・サポートカレンダー撮影担当)

さて、東京都内は今がまさに桜のピークですね。昨日(4/2)、練馬区のアイメイト協会の近くで、歩行指導員による訓練の様子を桜をバックに撮影しました。

「日本の街はごちゃごちゃしていている」「統一感がなく薄っぺらい」「街と田舎の境がない」「どこを見回しても人工物や下世話な看板がある」ー。よく言われることですが、僕も事実だと思います。風景を「切り取る」ことで表現をする写真家としては、それが逆に面白いとは思うのですが、その話はここでは置いておきましょう。

そんな日本の風景でも、ひねくれ者の僕ですら、例外的に文句なく普通に美しいと思うのが桜の季節です。『アイメイト・サポートカレンダー』でも、これまで多くの<桜の風景>を取り上げてきました。

d0323943_12575685.jpg

【2011年 4月・リタイア犬】

d0323943_1335917.jpg

【2012年 4月・不適格犬】

d0323943_1351455.jpg

【2013年 4月・不適格犬】

d0323943_1355716.jpg

【2014年 3月・不適格犬】

d0323943_1371676.jpg

【2014年 4月・リタイア犬】

これまでは、桜をバックに不適格犬・リタイア犬と引き取った奉仕者のご家族との触れ合いをテーマにしてきました。2015年版は、趣向を変えて歩行指導員による訓練風景にしてみました。場所やアングルを変えて4〜5カット撮りましたが、そのうちの一つをご紹介します(これが採用されるかどうかは分かりません)。

d0323943_13171352.jpg


『2015 アイメイト・サポートカレンダー』は、この秋の発売になります。

その他のグッズの売上も、アイメイトの育成のために役立てられます。ぜひ、アイメイトサポートグッズ・オンラインショップをご利用ください。

アイメイト後援会の活動内容や、繁殖奉仕などのボランティア活動については、アイメイト後援会HPをご覧ください。アイメイトの育成は、皆様のご協力によって成り立っています。
[PR]

d0323943_0363346.jpg


『アイメイト・サポートカレンダー』2015年版の撮影は、昨年の秋から始まっています。季節感が要素の一つとなっているカレンダーの撮影は、通年で行われています。

また、ほとんど全ての写真は、このカレンダーのための撮りおろしです。

『アイメイト・サポートカレンダー』では、盲導犬として活躍するアイメイトたちの誕生から子犬時代、訓練・歩行指導中、現役時代、リタイア後、家庭犬としての道といった「アイメイトの一生」の各ステージを写真で表現しています。そして、なるべくリアルタイムな「今の姿」を伝えることが、アイメイトを支援するという目的に最低限必要な「誠実さ」であると私は考えています。

なぜなら、アイメイトは、会社などの特定の利益のために存在するのではなく、視覚障害者福祉という公益のために存在するからです。その支援をする後援会が作るグッズは、社会に向けて誠実でなければいけません。

たとえば、よくある犬のカレンダーのように、ストックフォトなどからの寄せ集めでは、どうしてもテーマ性が希薄になったり、こじつけ的な白々しさが生じてしまいがちです。いつ、誰が、なんのために撮ったか、1枚1枚バラバラでは当然です。そうならないためにも、『アイメイト・サポートカレンダー』は、同じスタッフが毎年、次の年のカレンダーのためだけに撮っています(掲載枚数の関係等で再来年に回すなど、いくつかの例外はあります)。

d0323943_118867.jpg


しかし、その中で子犬というのはちょっと違って、「無条件なかわいさ」で押し通す無垢な力に満ちています。視覚障害者福祉というアイメイトの本筋の部分は、やや固いというか、入りにくいテーマかもしれません。そこに興味を持ってもらう入口として、子犬たちの力を借りるという側面もあります。ですので、子犬の写真は、表紙など目立つ場所に使うことが多く、そのため、ほかのステージよりはドキュメンタリー性よりも純粋な「かわいさ」に振った撮り方が多くなってきます。

そして、今年はその子犬に珍しいことが連続して起きています。子犬は「繁殖奉仕」という繁殖用の母犬を預かるボランティア家庭で生まれます。まず、暮れに「イエロー」「ブラック」「チョコレート」とラブラドールの3色全て揃った5頭が生まれました。

d0323943_1234999.jpg


d0323943_126117.jpg


こんな手のひらサイズだった子たちが、先月(2月)には冒頭の2枚や下の写真のように成長しました。

d0323943_131275.jpg


そして、先日撮影したのは、13頭!の兄弟姉妹。アイメイトの子犬は長年撮影していますが、これまでの最高は11頭でした。もうこうなると犬団子状態ですね。

d0323943_1351365.jpg


d0323943_136552.jpg


おっぱいをあげるお母さんも大変です。

d0323943_1392738.jpg


アイメイトは、この時期に兄弟姉妹、母犬と犬同士のコミュニケーションを取って社会性を身につけます。13頭もいると奉仕者の方は大変だと思いますが、子犬たちにとっては賑やかな毎日が良い社会勉強になることでしょう。

d0323943_1435781.jpg


d0323943_1455929.jpg


『2015 アイメイト・サポートカレンダー』は、この秋の発売になります。

その他のグッズの売上も、アイメイトの育成のために役立てられます。ぜひ、アイメイトサポートグッズ・オンラインショップをご利用ください。

アイメイト後援会の活動内容や、繁殖奉仕などのボランティア活動については、アイメイト後援会HPをご覧ください。アイメイトの育成は、皆様のご協力によって成り立っています。
[PR]
d0323943_055540.jpg

アイメイト後援会の公式カレンダー『アイメイト・サポートカレンダー』の2014年版が発売となりました。アイメイトの一生を、子犬時代から現役〜リタイアまでのステージに分けて追ったカレンダーです。写真撮影を担当させていただいた私の方から、内容を紹介させていただきます。(内村コースケ・写真家)


『アイメイト・サポートカレンダー』は、2010年版からスタートしておかげさまで4年目となりました。アイメイト(アイメイト協会出身の盲導犬)の一生の各シーンを写真に切り取り、「アイメイト」そのものの姿をビジュアルで伝えることをおもな目的にしています。

2010年版からの表紙は、すべて子犬です。アイメイト候補犬は、協会の繁殖犬の母犬を預かるボランティア(繁殖奉仕)家庭で生まれます。こうした写真は、いずれも繁殖奉仕家庭を訪ねて撮影させていただいたものです。
d0323943_119344.jpg

子犬の撮影は大変です。ただでさえ元気に動きまわるうえに、たいてい一度に3頭から10数頭が生まれますから、兄弟姉妹を一枚の絵に収めることだけでも一苦労です。しかも、一頭一頭がかわいく写っているカットとなると奇跡的とも言えます。一方で、過度な演出は避け、たくさん撮った中から「ほどよい瞬間」を選ぶように心がけています。かしこまったポーズや表情よりも、少し崩れたくらいの自然な姿がかわいいと思うからです。

d0323943_13558.jpg

表紙としてパッと人目を引くことと、「自然なシーン」の両立は、なかなかに難しいものです。その中でとてもありがたいのは、アイメイト候補犬ゆえの優秀な血筋です。手のひらに乗るような赤ちゃんの時から、一般の子犬に比べてやはり落ち着いています。「子犬としては」という条件付きですが、アイメイト候補犬は大変に撮りやすいのも事実なのです。

d0323943_1392479.jpg

これも、全員がしっかり並んで正面を向いている写真を目指しがちですが、あえて少し崩れた瞬間を選んでいます。

d0323943_1434239.jpg



【2014年版 中面】

d0323943_1481745.jpg

d0323943_151758.jpg

d0323943_1563661.jpg

『アイメイト・サポートカレンダー』の各月の写真は、アイメイトの一生を以下の5+1のステージに分けて紹介しています。

繁殖・・・繁殖奉仕家庭にいる誕生からの2カ月間
飼育・・・飼育奉仕家庭にいる子犬時代の1年間
訓練・歩行指導・・・アイメイト協会で訓練と歩行指導を受ける期間
現役・・・視覚障害者とともに生活し、アイメイトとして仕事をする期間
リタイア・・・現役を引退し、リタイア犬奉仕家庭で第二の人生を過ごす期間
不適格・・・不適格犬奉仕家庭で過ごす家庭犬として一生

d0323943_28159.jpg

d0323943_2124077.jpg

d0323943_21309.jpg

『アイメイト・サポートカレンダー』が一般的なペットや動物のカレンダーと違う点は、「人」も多く登場していることです。実際の使用者、奉仕家庭のご家族、協会スタッフにモデルになっていただいています。アイメイトの一生は、人とのかかわりそのものですから、当然のことです。

d0323943_2194817.jpg

d0323943_220527.jpg

d0323943_2201742.jpg

撮影は、季節感等を考慮したロケ地で1〜2時間ほどかけて行います。「向こうから笑顔で歩いてきて!」などと色々と注文を出し、ご協力いただきます。ロケ地の選定から後援会スタッフとの共同作業です。現場ではモデルの皆様ご自身からもアイデアを出していただき、絵が完成します。

d0323943_2375173.jpg

d0323943_238216.jpg

d0323943_2381753.jpg

プロカメラマンとしては、アイメイトのことを詳しく知らない一般の方にもアイメイトの姿が正しく伝わるよう、客観的な視点を心がけています。演出なしの実際のシーンそのものであったり、演出する場合も日常の様子に近いシーンになるよう心がけています。演出の部分は、季節感であったり、1カ月間部屋に飾るに耐えるさまざまな面での「まとまり」を出すためのものです。『アイメイト・サポートカレンダー』の写真は、いわば「リアル」をベースにした「フィクション」、つまりセミドキュメンタリーと言えるものなのです。

巻末には、見開きの特集ページがあります。毎年テーマを変え、アイメイトにまつわるさまざまな読み物を掲載しています。今年は「不適格犬」についての特集です。「不適格犬」とは、さまざまな事情によりアイメイトにならずに一般家庭に引き取られ、家庭犬としての道を歩む候補犬のことです。近年、この「不適格」という名称についてネガティブなご意見が目立つようになりましたが、最高の家庭犬であるという事実、そして犬に対して最大の敬意を払い続けているアイメイト協会の姿勢を是非知っていただきたいと思います。

d0323943_2534949.jpg


『アイメイト・サポートカレンダー 2014』は、「アイメイトサポートグッズ・オンラインショップ」で販売中です。収益はアイメイト協会に寄付されます。アイメイト育成のためご協力をお願い致します。


【アイメイト・サポートカレンダー 2014】 価格1,000円

d0323943_055540.jpg

[PR]